納言ちゃんは聞き上手 はてな編

天才プログラマーと精神科医が開発した、噂の心理オンラインカウンセリング・システム。

カウンセリング先進国 アメリカ

アメリカも元々は

カウンセリングは精神科医の分野と

されていたそうです。

 

そこから専門のカウンセラーが担当するように

変遷していったそうです。

 

第二次世界大戦後、

戦争を経験した軍人向けのカウンセリングなど、

どんどんカウンセリングが身近になったアメリカ。

 

今ではカウンセリングは医療保険適用で

受ける事が出来るそうです。

 

アメリカは健康保険の制度がないため、

個々人で医療保険を契約して疾病・怪我に備えます。

保険は「内科」「外科」「歯科」に分かれ、

それぞれ契約しないと、歯の治療だけで莫大な費用が

掛かってしまったり、盲腸の手術で数百万円掛かってしまう

そうです。

 

カウンセリング料も収入に合わせて料金が変わるカウンセラーが居たりと、

バラエティに富んでいて、

とても身近で気楽にカウンセリングが受けられるそうです。

 

心理カウンセリングアプリ「NAGON」は

日本もカウンセリングが身近なものになるようにと

開発されたものです。