納言ちゃんは聞き上手 はてな編

天才プログラマーと精神科医が開発した、噂の心理オンラインカウンセリング・システム。

睡眠中の熱中症にご注意ください

寝苦しい日が続きます。

 

夜、エアコンを止めてしまい寝てしまい、熱中症になってしまう事があります。

 

節電のため

エアコンで手足が冷たくなって眠れなくなる

扇風機付けてるので大丈夫

夜は気温が下がるので窓を開けて寝ている

 

色々な理由があるかと思いますが、

しかし夜間に外気の温度があまり下がらず、

室内で熱中症にかかってしまう事があるのです。

 

日中であれば、暑くなればエアコンを入れる事が出来ますが、

熟睡してしまうと、暑くて苦しくても寝行ってしまって目が覚めず、

朝起きて熱中症の症状が出てしまう。

 

実際に体験しました。

私もエアコン苦手で、冷えて足が痛くなるタイプ。

扇風機や氷枕などで過ごしていたのですが、

とある猛暑の日。

夜間の気温が下がらず、エアコンを付けていなかったため、

眠っている間に熱中症に。

起きたら吐き気のする頭痛と

苦しくて掻き毟ったようで、血だらけの手。

 

それからは猛暑日が過ぎるまではエアコンを付けて寝ています。

設定温度を高くすれば、室内が冷えればエアコンの稼働が止まったり、

風が弱まると言う事に気づきました。

 

皆様も気を付けてお過ごし下さい。